便秘とオリゴ糖について

腸内環境良好オリゴ糖は腸内環境を整える役割をしてくれる、非常に貴重な成分であり、摂取方法などでその効果も大きく変わってきます。しかし、みなさんの中にもオリゴ糖を摂取して効果が実感できなくなった経験がある方がいるのではないでしょうか。オリゴ糖は確かに便秘解消方法の一つと呼んで良いのですが、ある一定の期間を過ぎると中には効果が薄くなってくる人もいるというのを事前に知っておいて下さい。

この効果がなくなってしまうことを腸内環境停滞期と呼びます。オリゴ糖の摂取で今までよりも善玉菌が増加し、初めのうちは便秘解消に効果が出てきますが、腸内環境が整ってくると悪玉菌が今までよりも更に頑張ろうとしてくるのです。

つまり、耐性菌が出てきて悪玉菌が少し増えてしまうため、この腸内環境停滞期という現象が起きてしまうのです。

この腸内環境停滞期を回避する為には、毎日同じ量のオリゴ糖を同じ時間に摂取しないことや毎日同じ食べ物に混ぜて摂取しないことが重要です。同じ周期などで繰り返すことによって体も刺激がなくなってしまいます。オリゴ糖を毎日摂取するのを止めたり、半分の量にしたり、数日後に元の量に戻したりととにかく周期的な摂取を避けることで、この腸内環境停滞期を防ぐことができます。オリゴ糖で便秘解消をするのであれば、ぜひ実践してみて下さい。